「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

下赤坂

早朝ウォーキングで見つけたほたる袋
a0054440_18423960.jpg

[PR]
by sarubiayasuko | 2006-06-22 18:42 | 野に咲く花

Eeyore宅の猫

私、いつも大人しくお留守番してるんです!
a0054440_1835422.jpg

          あみぃです
[PR]
by sarubiayasuko | 2006-06-22 18:36 |

松本~穂高&白骨の旅

梅雨時にとこの旅を企画してくれたrai&biikoありがとう!!
植木もみぃこもEeyore夫婦のお蔭で心配なし、お天気にも恵まれて楽しい旅行が出来感謝です!!
6/9の23時過ぎ出発、お天気が気になったが、晴れになると確信、夜明け前のAM4:23
a0054440_8513825.jpg


新穂高ロープウェイに乗る予定だが、時間が早くそれまで荒神の足湯でくつろぐ。
a0054440_8575743.jpg
a0054440_8594592.jpga0054440_912396.jpg








空気も美味しい、足も温まり、いざ新穂高駅へ。。。
a0054440_962947.jpg

ゴンドラから見た穂高連邦は、素晴らしい!!
a0054440_9102720.jpga0054440_912737.jpg








山頂より遠く槍ガ岳を望む、何年か前には無かったが立派な展望台が出来てました。
a0054440_1065886.jpg

ロープウェイ山頂に元気なアメンボウにあいました。
  a0054440_16284241.jpg
a0054440_16293054.jpg









帰りは、お楽しみ温泉と昼食、鍋平にて降りる。
a0054440_948664.jpg

a0054440_950182.jpga0054440_9513362.jpg





   温泉と食事、ロープウェイの料金はセットです。
ロープウェイより安曇野へ。。。わさび園にて
a0054440_1023551.jpg

翌日待望の白骨温泉へ。。。
a0054440_11632100.jpg

途中番所(ばんどころ)の滝に!
安曇村名所
番所大滝  高さ40m  巾 15m
番所大滝は、小大野川が乗鞍岳の溶岩を刻んでつくった滝で「善五郎の滝」「三本滝」とともに「乗鞍三滝」ともよばれています。
a0054440_11162634.jpg

a0054440_11184238.jpg

この坂を下った所に野天風呂があります。温もること1時間ゆっくりと入ることが出来た。
この後遅い昼食後、rai、biikoと2時半に別れる。
私たちは、松本城を散策する。
a0054440_11294645.jpg

a0054440_11311239.jpg

松本城の猫 人懐こくて可愛い!
老体に気を遣ってくれたrai&biikoに甘えて、もう一泊させたもらった。
a0054440_16393184.jpg

     二日目の朝食も美味しかったよ♪
a0054440_16442216.jpg

         梓川
a0054440_16464946.jpg

a0054440_16513995.jpg

一面にそばの花が咲いていました、場所がらですね
平湯 神の湯に10過ぎに到着、昨年も、この野天風呂に入ってよかったので寄ることにしました。
a0054440_16584093.jpg

この付近に沢山のフキを見て、受付のお姐さんに「このフキ佃煮にしたら美味しいですネ」
の話に、「ここのフキは採ることが禁じられてるんですが、下の方だったらいいですよ」
との事、それからフキを採ること事一時間夢中で採り、これも楽しい旅の一場面になりました。
a0054440_1711782.jpg
a0054440_17122561.jpg

a0054440_1714413.jpg
                       お土産です♪
[PR]
by sarubiayasuko | 2006-06-18 09:57

旅の終わりに

私たちの旅も良いお天気に恵まれましたが、強羅からの帰りは小雨が煙る朝となり、これもまた、情緒があってよいもんです。
心優しいottotoが私のために(まだ行ったことが無いので)焼津魚センターに寄ってくれました。
a0054440_10581898.jpg

a0054440_10595891.jpg

  昼食は安くて美味しいマグロどんぶりを食べました。
この後、上郷で給油し帰路につく頃には雨も上がり、綺麗な虹を見ることが出来、楽しかった思い出になりました。
a0054440_1134496.jpg

[PR]
by sarubiayasuko | 2006-06-08 11:36

鎌倉

上強羅発7時51分発~強羅
強羅~登山列車で湯本まで
a0054440_9521687.jpg

箱根湯元~(小田急)小田原まで小田原~JR藤沢まで
(江ノ電)藤沢~鎌倉着10時35分
a0054440_1002550.jpg

あまりの広さに予定どうりに観光が出来ず、ハードな観光にフラフラでした。
a0054440_106544.jpg

      「二の鳥居から段葛を望む」
a0054440_10135241.jpg

      「若宮のジャクシン(天然記念物)」
a0054440_10172529.jpg

静御前が舞いを舞った舞殿は修複中で見ることが出来なかったので工事中の幕に書いた絵を撮りました。
a0054440_10245298.jpg
a0054440_10262371.jpg

「 鎌倉大仏」
a0054440_1029408.jpg

        長谷観音の椨(タブ)の木
鎌倉から長谷観音まで歩き江ノ電で藤沢まで帰りましたが、その間休憩なしでやっと小田急百貨店の中の「和光」カツ専門店で昼食に有りつきました。
[PR]
by sarubiayasuko | 2006-06-08 10:33 | 小さな旅

箱根フリーパス

上強羅の朝は、快晴普段の行いが良いんだなって・・・・昨夜は雷が鳴ってお天気が心配したのでね。4時半にカレーライスで朝食、朝からって?これしかないねん。
上強羅の駅は寒い、標高717mです。8時22分発で早雲山へ・・・
8時45分発のロープウェイに乗った。これからが感動の連続でぇす♪
a0054440_1114331.jpg
a0054440_1131464.jpg

        「ゴンドラの中より写す」
       大涌谷で降り、また感動!!
a0054440_1175296.jpg
a0054440_1110639.jpg
a0054440_11125015.jpg

           「名物黒タマゴを買う」
a0054440_111530100.jpg

大涌谷からのゴンドラに若い2組のカップルと一緒になり、中国からの観光客らしい
楽しそうに中国語の会話の中で「こんばんは」の挨拶に今の時間は「こんにちは」と「おはよう」の時間の違など教えてあげた。分からない言葉の中にも国を超えたコミニュケーッションが出来、桃源台で別れの時にありがとうと何度も手を振ってくれた、笑顔がうれしい!
大涌谷から桃源台までのロープウェイが6月から来年5月末まで運休となりゴンドラも新しくなるとの事、このゴンドラも見納めです。
a0054440_10305271.jpg

a0054440_1031896.jpg

桃源台から海賊船に乗ります。この船に乗るのは何十年ぶりなんです。
a0054440_10335818.jpg

観光客、特に修学旅行生が多くて賑やかでした。
a0054440_10403154.jpg
a0054440_10404837.jpg

                        「 船上より写す」
私たちは箱根町港で降りました。お昼とあって軽い食事をとった。
a0054440_10471284.jpg

このうどんが¥800もした、観光地ってこんなもんかな。
箱根町港かバスで強羅まで、もう富士山はガスがかかって見えませんでした。
強羅から登山列車で湯元まで、スイッチバック3回この回数でbeyonyoともめたが
車掌さんの「3回スイッチバクがあります」の言葉に落ち着きました。
a0054440_1104748.jpg

           「強羅の駅」
a0054440_1134748.jpg
a0054440_1145895.jpg

          「ケーブルカー上強羅の駅にて」
[PR]
by sarubiayasuko | 2006-06-04 11:26 | 小さな旅

幽香山 梅陰禅寺

本堂は2年の歳月をかけて新しくなって広大でとってもきれいでした。
境内には、清水次郎長はじめ、大政、小政、増川仙右エ門、お蝶夫人のお墓があります。
a0054440_856061.jpg

初代の銅像は太平洋戦争で供出され、現在のものは昭和27年に堤達男氏により製作されたとの事。背後の石垣は駿府城、写真では見えないが前の池は駿河湾を表したものだそうです。
さらに、次郎長商店街まで歩いて10分程のところに次郎長の生家があります。
a0054440_912013.jpg
a0054440_9123263.jpg

次郎長さんって小柄な人なんですね。beyonyoと並んで記念にパチリ。
a0054440_9193431.jpg

お土産ものなど売ってます。お店の方に「壮士の墓」の道順を聞いて20分程,巴川沿いに
歩いたところにひっそりとある。
咸臨丸が官軍に襲われ旧幕臣らは、殺傷された。死体は海に捨てられ、数日間放置されていたが次郎長が手厚く葬ったとの事。侠客で恐い感じの人と思っていたが、心優しく色々と貢献された方なんですネ。
a0054440_936471.jpg

   この巴川沿いを歩いた。
a0054440_9401136.jpg

         次郎長の船宿
14時50分清水ICより御殿場へ。。。強羅までもうすぐGO~
[PR]
by sarubiayasuko | 2006-06-04 09:45

登呂遺跡観光

a0054440_7253162.jpg

       復元住居
高さ5m小判型の平面の広さは約73㎡ 
a0054440_7281838.jpg
 
       復元高倉倉庫
公園内の彫刻
a0054440_7352365.jpg

a0054440_7502175.jpg

a0054440_7503992.jpg
a0054440_7505350.jpg

a0054440_755351.jpga0054440_7555140.jpg





       この後私たちは清水次郎長の菩提寺へ
[PR]
by sarubiayasuko | 2006-06-04 08:01